ページの先頭です

【11/6】平成30年度第2回ちば新事業創出ネットワークセミナー「公的施策(補助金、助成金)活用による研究開発から事業化へ ~実例から学ぶ公的施策の有効活用~」

[2018年10月3日]

平成30年度第2回ちば新事業創出ネットワークセミナー「公的施策(補助金、助成金)活用による研究開発から事業化へ ~実例から学ぶ公的施策の有効活用~」開催!

ちば新事業創出ネットワークでは、産学官連携促進の一環としてセミナーを開催しています。

今回のテーマは、「公的施策(補助金、助成金)活用による研究開発から事業化へ~実例から学ぶ公的施策の有効活用~」として3名の講師をお招きし、御講演いただきます。

この機会に是非、御参加ください。

 

開催日時

平成30年11月6日(火) 13:30~16:30(受付 13:00~)

 

会場

ホテルグリーンタワー幕張 3F チェルシー
(千葉市美浜区ひび野2-10-3)

https://www.greentower.co.jp/

 

定員

70名(定員になり次第、締め切ります)

 

参加費

無料

 

受講対象者

中小企業者、関係機関等

 

プログラム

講演内容
テーマ製販会社の視点から見た、助成金事業を進める上での注意点
講師東レ・メディカル株式会社 主幹 島垣昌明 氏

補助金や助成金事業において、ライフサイエンス分野での製品実用化を目指すためには、製造販売業の立ち位置を担う会社が不可欠となります。
本セミナーでは、製販会社がどの視点で製造を担う中小企業の皆様と協力関係を構築するのか、具体例(サポイン事業、医工連携事業)を交えてご紹介いたします。

テーマ補助金(サポイン)を通じて学んだこと
講師ネッパジーン株式会社 部長 鈴木孝尚 氏

平成26年度に戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に採択され、幹細胞を安全かつ安価高効率に分取可能で画期的な分離培養容器を事業化に向けて研究開発を進めています。
本セミナーでは補助金申請から事業化に向けてどのようなアプローチをし、戦略的展開を行ったのか具体的に説明いたします。

テーマ産総研のライフサイエンス研究と助成金を活用した事業支援
講師国立研究開発法人産業技術総合研究所  コーディネータ 新間陽一 氏
産総研のライフサイエンス分野における最先端技術の研究成果は大企業だけでなく、中小企業にも活用された例など産総研における効果的な助成金活用事例について紹介します。

お申込み方法

下記のパンフレット裏面にある参加申込書をFAX(047-426-9044)にて送付してください。

ネットワークセミナー案内・申込書

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

公益財団法人 千葉県産業振興センター新事業支援部産学連携推進室

電話: 047-426-9200 ファックス: 047-426-9044


【11/6】平成30年度第2回ちば新事業創出ネットワークセミナー「公的施策(補助金、助成金)活用による研究開発から事業化へ ~実例から学ぶ公的施策の有効活用~」への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright CCJC. All Rights Reserved.