ページの先頭です

【3/8】“うちには何もない”から変わる!いかにして地元・商売を活気づけるか~熱海の事例に学ぶ~

[2019年2月14日]

「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海の再生事例に学ぶ無料セミナーです!

点在する地域資源等を集めてブランド化し、地域経済を活性化しようとする地域や事業者へ向けて、熱海にUターンし、地元を盛りあげるイベントの企画や空き店舗の再生、ゲストハウスの運営など静岡県熱海市の街づくりに10年以上取り組んできた講師を招き、ビジネスの手法を用いた「民間主導」の街づくりの事例を講演してもらいます。

「地元を活性化させたい」「街に人を呼び込んで商売につなげたい」けれど、「うち(の地元)には何もないからどうしたらいいかわからない」と思っている方は、ぜひご参加ください。


開催日時

平成31年3月8日(金)14:00~16:10 (受付:13:30~)

<内容>

■講演(90分)

  講師:NPO法人atamista

      代表理事 市来 広一郎 氏

 

■地域の資源を活かした取り組み事例発表(30分)

  発表者: 有限会社滝見苑

     代表取締役社長 富澤 真実 氏

 

※セミナー終了後、希望者には地域資源活用アドバイザーによる個別相談会(16:20~16:50)を実施します。


開催場所

ホテルグリーンタワー幕張 チェルシー (千葉市美浜区ひび野2-10-3)


受 講 料

無 料

 

募集人数

50名 (先着順)

 

講演

講師:NPO法人atamista  代表理事 市来 広一郎 氏


<講師経歴>

大学院卒業後、アジア・ヨーロッパを3カ月、一人で放浪。その後、ビジネスコンサルティング会社に勤務。2007年に熱海にUターンし、ゼロから地域づくりに取り組み始める。遊休農地の再生のための活動、「チーム里庭」、地域資源を活用した体験交流ツアーを集めた、「熱海温泉玉手箱(オンたま)」を熱海市観光協会、熱海市などと協働で開始、プロデュース。

2011年、衰退した熱海の中心市街地をリノベーションする民間まちづくり会社、株式会社machimoriを設立。いずれも空き店舗を再生し、カフェ「CAFÉ RoCA」、宿泊施設「guest houseMARUYA」、コワーキングスペース「naedoco」などをオープンし運営している。熱海市と共に創業支援プログラム99℃〜Startup Program for ATAMI2030~や、熱海市の2030年の未来を構想する「ATAMI2030会議」を開催している。


事例発表

■地域の資源を活かした取り組み事例発表

発表者:有限会社滝見苑 代表取締役社長 富澤 真実 氏


参加申し込み方法

ホームページから申し込む

当ホームページ上から簡単にお申込みできます。

下記の「申し込みフォーム」をクリックしてください。

  申し込みフォーム


※ご記入いただいた個人情報については、本セミナー申し込みに関する受付名簿の作成や申込者さまへのご連絡など
本セミナー運営に必要な範囲内において使用いたします。(セミナー内容の向上を目的に、講師に提供する場合があります。)
また、当センターの今後のセミナー情報や経営に関する情報提供をさせていただく目的で使用させていただきますので、
ご了承ください。

 

FAXから申し込む

下記よりパンフレットをダウンロードし、裏面の 参加申込書 に必要事項をご記入の上、 千葉県産業振興センターまで FAX にてお申し込みください。

  FAX : 043-299-3411

“うちには何もない”から変わる!いかにして地元・商売を活気づけるか~熱海の事例に学ぶ~  チラシ

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

主 催

(公財)千葉県産業振興センター ・ 千葉県 

 

後援

千葉市・千葉商工会議所・千葉県中小企業団体中央会


お問い合わせ

公益財団法人千葉県産業振興センター 経営支援部 活性化支援室
Tel:043-299-1078 Fax:043-299-3411

【3/8】“うちには何もない”から変わる!いかにして地元・商売を活気づけるか~熱海の事例に学ぶ~への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright CCJC. All Rights Reserved.