京葉臨海コンビナート人材育成講座

千葉県産業振興センター
ホーム COVID19 事業概要 講座の紹介 スケジュール 受講生の声 お知らせ

HOME> 講座の紹介> A-1 安全感性向上講座

A-1 安全感性向上講座

科目概要受講生の声はこちら/お申込みはこちら
1 科目名 A-1 安全感性向上講座(8コマ・8体験:16種目)
2 日時 ※7月の講座開催については、中止とさせていただきました。
※代替講座を10/19(月)に追加しました。
※現状下記日程で予定していますが、今後のコロナ感染拡大状況により、中止・延期の可能性がございます。

◇入門コース ※年間7回程度
 (1) 2020年7月6日(月※中止
 (2) 2020年7月13日(月)※中止
 (3) 2020年7月14日(火)※中止
 (代替) 2020年10月19日(月)※予定
 (4) 2020年11月13日(金)※予定⇒キャンセル待ち
 (5) 2020年11月25日(水)※予定⇒キャンセル待ち
 (6) 2020年11月27日(金)※予定⇒キャンセル待ち
 (7) 2021年1月12日(火)※予定⇒のこりわずか

◇一般コース ※年間1回程度
 (1) 2020年11月4日(水)※予定
3 場所 出光技術研修センター
4 講義方法 危険の擬似体験、目視体験、ビデオ学習、実験、墜落制止用器具(ハーネス安全帯)装着、危険の重要ポイント学習、グループ討議
5 講師 柳原政義(富士石油(株)OB)、安間香録(出光興産(株)OB)、藤井 正己(富士石油(株)OB)、永野 隆男(丸善石油化学(株))
6 対象者 ◇入門コース:入社3年までの若手オペレーター、安全体験学習未経験者
◇一般コース:安全体験学習未経験者、スタッフ・オペレーターを問わず、過去に安全体験学習の受講経験がない方
7 用意する物 作業服、安全靴、ヘルメット、ゴーグル又はフェイスシールド、皮手袋、タオル *冬場は防寒着
8 科目概要 「プラントにおける危険」の擬似体験、目視体験により、安全・防災の感性・知識・意識の向上、定着を図る。
9 学習目標 安全に対する感受性を高め、不安全状態と行動を身体で覚え、避けることができるオペレーターを育成する。
10 科目の特徴 出光技術研修センターの設備を利用し、参加者全員が危険の擬似体験、目視体験を通し、危険予知能力や危険に対する感受性を高める。
体験と同時に擬似体験・目視体験の重要ポイントを学び、午前・午後、合計2回のグループ討議を行う。
各コマの概要安全体験の様子はこちら
注意事項・自己紹介・事前説明 会場の注意事項、自己紹介、体験学習の目的、体験の事前説明をし、講座の流れを理解する。
体験-1:小配管たわみ、安全弁作動・ピンホール漏洩、ドレン弁詰まり貫通作業 小配管たわみ、安全弁作動・ピンホール漏洩、ドレン弁詰まり貫通作業等を体験・目視体験して、危険のポイントと実際の事故トラブル事例を学ぶ。
体験-2:墜落・落下、滑り・転倒、腰痛防止 墜落・落下、滑り・転倒、腰痛防止等を体験・目視体験して、危険のポイントと実際の事故トラブル事例を学ぶ。
体験-3:はさまれ・巻き込まれ はさまれ・巻き込まれ体感装置を体験・目視体験して、危険のポイントと実際の事故トラブル事例を学ぶ。
グループ討議@ グループ討議の進め方を学び、その後、ベルトコンベアへの挟み込まれ事故についてのトラブル対応(原因と対策)グループ討議をする。
事前説明 午後の体験の事前説明をし、流れを理解する。
体験-4:水蒸気爆発・粉じん燃焼 水蒸気爆発・粉じん燃焼等を体験・目視体験して、危険のポイントと実際の事故トラブル事例を学ぶ。
体験-5:薬傷 高圧力(水圧)体感装置を体験・目視体験して、薬傷についての危険のポイントと実際の事故トラブル事例を学ぶ。
体験-6:ラダー昇降、墜落制止用器具(ハーネス安全帯)宙吊り 墜落制止用器具(ハーネス安全帯)を装着してのラダー昇降、墜落制止用器具(ハーネス安全帯)の宙吊りを体験・目視体験し、危険のポイントや安全装置の必要性と装着・使用の仕方、実際の事故トラブル事例を学ぶ。
体験-7:静電気・静電気爆発 静電気爆発実験等を体験・目視体験して、静電気についての危険のポイントと実際の事故トラブル事例を学ぶ。
体験-8:バキューム バキューム実験を体験・目視体験して、装置のバキュームの危険のポイントと実際の事故トラブル事例を学ぶ。
危険疑似体験のまとめ
グループ討議A
危険疑似体験のまとめ、及び、循環冷却水の蒸発塔での落下死亡事故の再発防止策についてグループ討議をする。

*お申し込み

  • お申込みはこちら(PDF形式)に必要事項をご記入のうえ、
    fax : 043-299-3411にお送りください。

※ お申込みは開講日の2ヶ月前までにお願いいたします。

お問い合わせ先

公益財団法人千葉県産業振興センター 経営支援部 活性化支援室
京葉臨海コンビナート人材育成講座事務局:担当谷口
 〒261-7123 千葉市美浜区中瀬2−6−1 WBGマリブイースト23階
  tel : 043-299-1078 fax : 043-299-3411
  E-mail : c-jinzai@ccjc-net.or.jp

Copyright 2020 CCJC. All Rights Reserved